沿革

1947年
6月
開祖久高政祺幸利拳聖十段が熊本県にて「少林寺流拳行館空手道場」を開く。
1955年 本部道場を新宿区早稲田に移す。
1977年 当時の空手競技を向上させ、より近代化を図るため空手道の国際会議に、久高正之(範士九段)がテクニカル・アドバイザーとして出席。
「危険防止対策・安全防具の開発研究」、「勝負の判定をより明確化する」等の決定に基づき研究を重ねる。
1978年

久高正之(範士九段)が安全防具スーパーセーフを開発

より怪我の心配なく思い切り「突き・蹴り・打ち・当て」を極めることができ、勝負の判定がわかりやすい画期的なスポーツ空手が誕生。

1980年

安全防具を使用した「硬式空手道」の試合競技法を発表

「国際硬式空手道連盟」(現 世界硬式空手道連盟)設立

第一回世界選手権大会開催

国立代々木競技場第二体育館にて、
カナダ、アメリカ、オーストラリア、スイス、ベネズエラ、コロンビア、アルゼンチン、スペイン、インド、シンガポール、フィリピン、台湾、香港などの国が参加して、第1回国際親善硬式空手道選手権大会〔大会会長:松前重義(財)日本武道館長・東海大学学長(当時)最高顧問:海部俊樹元総理大臣〕が開催される。

1981年

「日本硬式空手道協会」設立
(後に「全日本硬式空手道連盟」に改称)

正式な硬式空手道の全国組織としてスタート。「安全防具スーパーセーフ」を使用した画期的なスポーツ空手に強烈な刺激を受け日本全国から、各流派、各会派の代表、師範が一堂に会した。

第一回全日本選手権大会開催

国立代々木競技場・第一体育館にて、第1回全日本硬式(コンタクト)空手道選手権大会(大会会長:玉澤徳一郎衆議院議員、元防衛庁長官、最高顧問:小渕恵三元総理大臣)が開催される。フルコンタクト・ノンコンタクト・防具付空手道の各流派・会派、日本拳法、中国拳法、少林寺拳法、テコンドーなどの多種にわたる団体が参集した。

1985年 中国政府招待で戦後初めて公式に空手道を紹介。演武、指導を行う。(北京大学、上海武術館、少林寺)
現在 国内・世界5大陸・世界各国にて、多くの支部が設立されている。
全日本選手権大会32回(2015年9月現在)、世界選手権大会は20回(2015年11月現在)を開催、大きな事故なく現在に至っている。

青少年育成のための世界の学校教育プログラムとしてUNESCOに登録するため活動中。

また空手道を明確な判定で安全な世界共通のスポーツ競技として広く認知してもらうために、スポーツアコード加盟を目指している。