審判資格

世界硬式空手道連盟は、公認国際審判員の資格を認定しています。

目的

公認国際審判の資質の向上を図り、国際審判員に必要な知識と審判技術を得ようとする者に対して、公認国際審判員の養成を計るため国際審判講習会を開催し、その公認国際審判資格養成を得て認定証を発行する。

概要・基準

公認国際審判員資格

世界硬式空手道連盟の公認大会、世界大会、国際大会、並びに各国、国内大会等で大会審判をするには、公認国際審判の資格を取得した者でなければならない。
公認国際審判の資格認定審議会に於いて、実技試験と筆記試験、又は論文を提出した上で認定される。

公認国際審判員区分

公認国際審判員は以下の通り区分する。この資格の有効期間は発行日より1年間とし継続を妨げない。

C級 審判員 C Grade
B級 審判員 B Grade
A級 審判員 A Grade
シニア 審判員 Senier
マスター 審判員 Master

公認国際審判の心得

  • 審判員は、中立公正でなければならない
  • 審判員は、常に威厳を正し、堂々たる態度を保持しなければならない
  • 審判員は、注意力を集中して試合を監察し、かつ一挙一動を正確に判断しなければならない
  • 審判員は試合中、監査役、審判員、試合者以外の者と話してはならない
  • 審判員は、試合運行、及び判定に関する態度行動の良否は、硬式空手道試合の消長に重大な影響を与えるので、活発機敏にして洗練された態度行動を必要とする