令和2年度 世界硬式空手道連盟 錬成大会 ご案内

2020年11月01日

関係各位におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は硬式空手道の普及、発展にご協力賜り、感謝申し上げます。

 

コロナ渦の中、3月より約6か月稽古ができない日が続きましたが、9月より段階的に稽古を再開し

練習生達も演武を披露する準備が整ってまいりました。来る12月20日日曜日に中央区スポーツセンターにてジュニア空手道大会を開催いたします。

 

本大会は、国境・団体・流派を超えて一堂に会し、スーパーセーフを使用し怪我なく安全に試合をするという意味未来を担うジュニアの親善試合、文化交流を趣旨としております。

 

つきましては多数のご参加・ご観覧を期待し、謹んでご案内申し上げます。

 

当連盟におきましては、長年、「スーパーセーフを使用した、安全で判定のわかりやすい硬式空手道」を日本発の武道教育プログラムとして国内外に推進して参りました。現在加盟国45か国、加盟団体100を目標に体制を新たにして、総本部を千葉県に移転し、研修交流を中心に国内に流派を問わず連盟加盟をお願いしております。

またサポート企業様にも連盟に加盟していただき、世界硬式空手道連盟を通じて人材交流、文化交流、ビジネス交流をより発展させていきたいと存じます。

世界硬式空手道連盟 WKKF  理事長

大会実行委員長

久高正光

 

実施要項

 

日時:     令和2年12月20日 日曜日  9時開会式  13時 式典 演武

 

会場:     東京都中央区立 総合スポーツセンター

中央区日本橋浜町2丁目59番1号 区立浜町公園内

 

主催:      NPO法人 世界硬式空手道連盟

共催:      少林寺流拳行館空手道総本部

後援:      日中健康文化交流促進協会

 

LinkedIn にシェア
[`evernote` not found]